新浪剛史はパワハラ常習犯か!傷害事件を引き起こしていた?

三菱商事出身でローソンの社長も務めた新浪剛史(にいなみ たけし)さん。

そんな新浪剛史さんですが、凄絶パワハラ疑惑が浮上しています。

新浪剛史さんは、2023年現在経済同友会代表幹事の立場ですが、パワハラをしていたのでしょうか

新浪剛史さんがパワハラの常習犯だったのか気になります。

というわけで今回は、

  • 新浪剛史はパワハラ常習犯か!
  • 傷害事件を引き起こしていた?

という内容で詳しく解説していきます!

最後まで読んでいただければ嬉しいです!

目次

新浪剛史はパワハラ常習犯か!

出典:経済界web

ローソン社長退任後は、サントリーHD社長を務めており、経済界のエリート街道をひたすら歩んでいる新浪剛史さん。

そんな新浪剛史さんですが、ジャニーズ事務所の件では性加害を徹底的に批判しましたが、本人にパワハラが浮上

新浪剛史さんは、パワハラの常習犯だったのでしょうか

新浪剛史さんの部下への接し方について、詳しく知りたいですよね。

調べましたが、新浪剛史さんはパワハラをしていた可能性はあるかもしれません

その根拠として、デイリー新潮が今月4日に報じた次の内容が挙げられます。

  • すぐ怒鳴る、襟元をつかんで罵倒する、といったことは日常茶飯事
  • “クビだ!”“給料泥棒!”などの人格否定の暴言、恫喝がひどく、耐え切れずに辞めた幹部が何人もいます

引用元:デイリー新潮

これが事実であれば、まさしくパワハラ行為であり、昔であれば罪に問われなかったかもしれませんが、現在であれば是正措置対象処分に。

「人権擁護の旗手」の感さえ漂う新浪剛史さんが、このような言動で部下に負荷をかけ、売上を上げていれば、人権を語る資格はないかもしれません

傷害事件を引き起こしていた?

パワハラ疑惑が浮上している新浪剛史さんですが、傷害疑惑まで浮上しています。

その内容はこちらです。

  • 会議の場で売り上げの数字などに不満があれば、自分の携帯をその部署の担当者に投げつけるのです
  • ある幹部は、携帯を投げられたせいで上半身の骨が折れてしまったと言っていた

引用元:デイリー新潮

これが全て事実であれば、パワハラを超えた傷害行為であり、人権意識がどうこうという以前の問題でしょう。

ジャニーズ事務所に「チャイルドアビューズ(子供への虐待)を企業として認めることになる」という資格はないかもしれません。

「週刊新潮」はサントリーを通じて新浪氏に取材を申し込みましたが、パワハラ疑惑や傷害行為には、全て「事実無根」と答えるのみ。

デイリー新潮へのタレコミが今後増えることが考えられ、更なるパワハラや傷害疑惑が発覚することも否定できないでしょう。

まとめ

今回は、新浪剛史さんのパワハラ疑惑について、内容をお伝えしました。

新浪剛史さんには、「すぐ怒鳴る、襟元をつかんで罵倒する」など報道されており、これが事実であれば、パワハラ行為になるでしょう。

また、携帯電話を投げ上半身の骨が折れたとも言われており、これが事実であれば、傷害事件になるかもしれません。

新浪剛史さんのパワハラについては、新しい情報が入り次第、お伝えしていきます。

というわけで、今回はありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次