【画像4選】木原誠二の若い頃は鼻につくイケメン?東大法卒の学歴エリートだった!

2023年2月から第2次岸田内閣の総理大臣補佐官を務め、日本政治の中枢を担っている木原誠二さん。

そんな木原誠二さんですが、文春報道で大きな脚光を浴びていますが、彼の若い頃もクローズアップされています.

木原誠二さんは、昔はどのようなルックスで、どんな学生だったのでしょうか?

木原誠二さんの若い頃が気になりますよね。

というわけで今回は、

  • 木原誠二の若い頃は鼻につくイケメン?
  • 東大法卒の学歴エリートだった!

という内容で詳しく解説していきます。

最後まで楽しく読んで下さいね!

目次

【画像4選】木原誠二の若い頃は鼻につくイケメン?東大法卒の学歴エリートだった!

出典:自由民主党

先月より週刊文春にて、本妻X子の過去、愛人A子との子供など、立て続けに報じられている木原誠二さん。

そんな木原誠二さんですが、今回のスクープで周辺が騒がしくなっていますが、彼の若い頃も注目を浴びています。

木原誠二さんはどんな顔立ちで、どれだけエリートだったのでしょうか?

木原誠二さんの昔について、もっと詳しく知りたいですよね。

それでは時系列で見ていきましょう!

幼少期

幼少期の写真はこちら

出典:木原誠二

木原誠二さんは絵に描いたエリートというイメージがありますが、さぞかし優れた血筋に恵まれいるのだろうと想像してしまいますよね。

エリート銀行員だった父親の関係で、木原誠二さんは幼少期、アメリカ、ヨーロッパを中心とした海外生活が長かったようです。

上の写真は4,5歳くらいのものと思われますが、とても恵まれた家の御坊ちゃまという感じで、とても可愛らしく、ご両親に大切に育てられたのが分かりますよね。

小学時代

こちらが小学校時代の写真です。

出典:木原誠二

小学校時代は写真のように、野球に明け暮れた毎日を送っており、頭もかなり良く、ただ、それだけではなく、ガキ大将として、人をまとめる才覚にも恵まれていました。

政治の世界は「権謀術数が渦巻く」「生き馬の目を抜く」と表現されることがよくありますが、人間力がなければ激しい競争の中、生き残ることはできないでしょう。

木原誠二さんは単なるガリ勉ではなく、クラスの中でも、何でもできる人気者だったと思われ、様々な才能に恵まれていたといえるかもしれません。

中学・高校時代

中学高校時代の写真はこちらになります。

出典:木原誠二

木原誠二さんは東京都私立、中高一貫教育の武蔵中学、武蔵高等学校で学びました。

同校は高校から入学できないようで、中学入学時における偏差値は64ですが、都内でも有数の難関校として有名。

その優れたエリート揃いの進学校で、成績は常にトップクラスを収め、地頭の良さを感じさせますね。

中学・高校時代はテニスとピアノに夢中になったと語っており、まさに文武両道の才能に溢れた学生といえるでしょう。

大学時代

大学時代の写真はこちら

出典:木原誠二

この写真を見ていると、確かに元TOKIOの山口達也さんを思い出させますね。

出典:日刊サイゾー

木原誠二さんは東大法学部で学び、まぎれもなく日本を背負って立つエリート集団の一員として学生時代を送りました。

木原誠二さんの大学の学業に関する情報は見つかりませんでしたが、テニス部のキャプテンとして関東団体戦準優勝を果たすことに。

また、全国選抜ダブルストーナメントで3位を獲得しており、テニス部をまとめるリーダーとして手腕を発揮し、この時代の経験がその後の人生に大きな影響を与えたかもしれません。

まとめ

今回は、木原誠二の若い頃について、内容をお届けしました。

木原誠二さんは絵に描いたようなエリートで、地頭も良く、運動神経も秀でており、文武両道の学生だったといえるでしょう。

小さい頃はガキ大将で、大学時代のテニス部ではキャプテンを務めており、リーダーシップの才覚にも恵まれていたかもしれません。

そんな優れた様々な能力を持つ木原誠二さんには、今後とも日本を引っ張るリーダとして活躍して欲しいですね。

というわけで、今回はありがとうございました!

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次